鳥内秀晃の出身高校や経歴は?妻子供はいる?評判や実家のうどん屋も

最近話題がどんどん大きくなっていく日大アメフト部のタックル問題ですが、

関西学院大学の鳥内秀晃監督や父奥野康俊さんからの会見が話題になっています。

日大の悪質タックル事件に関する内容が連日報道されていますが、 被害者である奥野耕世さんの父である奥野康俊さんが、 大阪市内で記者...

その中でも鳥内秀晃監督は高校の頃の経歴がすごいと言われていたりと、

鳥内秀晃監督の詳しいプロフィールについては気になっている方も多いそう。

なので今回は鳥内秀晃監督さんの出身高校や経歴について調べ、

妻や子供などの家族に関する情報についても調査してみました!

鳥内秀晃の出身高校や経歴は?プロフィールまとめ

  • 名前:鳥内秀晃 (とりうちひであき)
  • 年齢:59歳
  • 職業:関西学院大学アメフト部監督 
  • 学歴:関西学院大学文学部卒

鳥内秀晃監督の出身高校は「大阪府立摂津高等学校」という学校で、

学生時代はサッカー部のフォワードとして活躍をし、

なんと全国高校選手権に出場した経歴があるんだとか!

なので鳥内秀晃監督はもともとアメフトをやっておらず、

本格的に始めたのは関西学院大学に入学してからだそうです。

高校時代はずっとサッカーをやっていたのにも関わらず、

大学で始めたアメフトでも1年生のうちから試合に出ていたそうで、

鳥内秀晃監督のセンスの良さにはさすがに驚きですね……。

やはり全国区のプレーヤーになるとどんなスポーツをやっても、

一流の選手へとなってしまうのでしょうか。

そして鳥内秀晃監督は四年生のころには副将をつとめて、

守備陣のリーダーとして活躍をしていたそう。

その後卒業した後はプロの選手になるよりも教えるほうが得意だと気づき、

コーチとしての経験を積むためにアメリカにまで入学したそうです!

すぐにコーチになるのではなく本場アメリカで学ぶあたりに、

鳥内秀晃監督のすごさというのものがよくわかりますね。

そして1992年に自身が卒業した関西学院大学の監督に就任し、

なんとアメフトの全国大会である甲子園ボウルで10回の優勝をし、

ライスボウルという大会でも優勝をするという素晴らしい結果を残しました!

2016年には正解大学選手権日本代表チームの監督も務めるなど、

鳥内秀晃監督の経歴のすごさには驚かされるばかりですね!

鳥内秀晃に妻子供はいる?

そんな鳥内秀晃さんは現在結婚していて3人の子供がいるそうで、

3人とも関西学院大学のアメフト部に入部をしたそうです!

けれど鳥内秀晃さんと同様にアメフトから始めたのではなく、

長男は野球からアメフト・次男も野球からアメフト・三男はサッカーからアメフト

といったようにもともとは違うスポーツをやっていたとのこと!

さらに、鳥内秀晃さんの次男は甲子園に出場した経歴もあるそうで、

さすが鳥内秀晃監督の自慢の息子さんといったところですね。

また、三兄弟の合言葉は「父を日本一に」というものだったそうで、

家族の絆の強さを感じさせてくれるかっこいい言葉ですよね!

すでに3人とも卒業してしまっているので

今回の騒動には巻き込まれなかったようですが、

OBとしてはやはり許せないものがあるのだと思います。

鳥内秀晃の評判は?うどん屋も経営してる?

鳥内秀晃さんは息子からも慕われていますし、

過去に選手を全国につれていった素晴らしい経歴もありますので、

鳥内秀晃さんに関する評判はかなり良いそうです!

会見をやっても言い訳ばかりで話が見えないと批判され、

最近では評判がどんどん落ちていってしまっている

日大の内田監督や井上コーチとはまさに真逆ですね……。

最近話題になっている日大アメフト部の悪質タックル事件ですが、 5月22日に行われた会見で井上奨コーチという新たな黒幕が出てきて騒がれて...

そんな鳥内秀晃さんはさらに実家でうどん屋を経営しているようで、

「大阪のおうどん屋さん」というお店の店長も務めているようです!

鳥内秀晃さんの実家は祖父の代から続く製麺所とのことで、

アメフトの監督をやりながらも掛け持ちで店長をしているようですね。

「大阪のおうどん屋さん」はネット上での評判も良くて、

大阪ではかなり愛されているうどん屋さんとのこと!

どんな味なのか気になりますし、私も一度食べて見たいです!

ということで今回は関西学院大学の鳥内秀晃監督についてまとめてみましたが、

日大アメフト問題も佳境ですし、鳥内秀晃さんの動向については注目していきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにオススメの記事