谷岡郁子(至学館学長)の軽傷はどの程度?誰の仕業?被害届で話題に

栄和人監督のパワハラ問題に関する会見で話題になった

至学館学長の谷岡郁子さんですが、報道陣に腕を掴まれて軽傷を負ったとし、

フジテレビに対して被害届を出していることで話題になっています。

谷岡郁子さんは会見でのコメントがひどく、ネット上でも注目が集まりましたが、

今回の被害届にも軽傷のレベルや、実際に誰の仕業なのか気になっている方も多いそう。

この度、栄和人監督の伊調選手へのパワハラ認定がされ、 レスリング協会の福田会長含め幹部が謝罪したことで話題になりました。 ...

なので今回は、谷岡郁子さんの軽傷のレベルについてはもちろん。

軽傷が実際に誰の仕業なのかについてもまとめてみました!

谷岡郁子(至学館学長)の軽傷はどの程度?

まずは谷岡郁子さんの軽傷のレベルについてですが、

本人は「腕を掴まれ軽傷を負った」と言っているため、

おそらく引っ張られた衝撃で肩を痛めたか、

手に引っかき傷が残っているものと思われます。

なので、軽傷の中でも症状は軽いものだと思われますし、

日々の生活や仕事には全く支障がないと予想されており、

実際には、被害届を出すほどの怪我ではなさそうですね。

しかし、谷岡郁子さんは以前メディアの報道によって叩かれてしまったので、

少しでも仕返しができないかと、被害届を出したとも言われています。

(これはただの憶測なので、本当にそのような意図があるかはわかりませんが。笑)

報道陣に冒頭のみ公開されたレスリング理事会。出席した谷岡郁子副会長(至学館大学理事長)=2018年3月8日20180308岸体育館

谷岡郁子(至学館学長)の軽傷は誰が負わせた?

続いて谷岡郁子さんに軽傷を負わせた人物についてですが、

相手はフジテレビのリポーターかディレクターだと言われています。

軽傷を負ったのは4月6日に行われた会見の2日後で、

当時取材をしていたフジテレビ取材班の中には、

とくだね・めざましテレビ・ノンストップ・バイキング・グッディなど、

多くの取材班が詰め寄っているため正確に誰の仕業かはわかっていません。

ただ、フジテレビ側は軽傷問題に対して、

「そのような映像は残っておらず、なぜ被害届を出したのか理解に苦しむ」

のようにコメントをしており、そもそも怪我を負わせていないと主張しています。

しかし、大量の取材陣が押し寄せると映像に映る可能性は低いですし、

リポーターやディレクターも情報を得るために必死なので、

思わず腕を掴んでしまった可能性も否定できません。

個人的には腕を掴まれたのは本当のような気もしますが、

軽傷を負ったというのは正直過剰な表現だとも思いますし、

谷岡郁子さんの主張には少し弱いような気もします。

(実際の怪我を見ていないので確証はありませんが。)

けれど傷害されたとの被害届を出す人の中には、

怪我を偽装し、病院で異なる診断書をもらう人もいるらしいですが、

今のところ谷岡郁子さんが診断書をもらったとの情報はありませんので、

とりあえず先に被害届を出したような状況だと思われます。

ということで今回は至学館学長の谷岡郁子さんが、

被害届を出した話題になった件についてまとめてみました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにオススメの記事