西城秀樹の急性心不全(死因)の原因は?過去の病気や脳梗塞の影響は?

この度、「YOUNG MAN」や「傷だらけのローラ」で有名

歌手の西城秀樹さんが急性心不全で死去してしまったことで話題になっています。

心不全でなくなった時には63歳と年齢的にまだまだ若く、

西城秀樹さんの死を悲しむ声がとても多く上がっています。

なので今回は西城秀樹さんの死因の心不全が起きた原因についてまとめ、

過去に発症した脳梗塞の後遺症との関係についてもまとめてみました。

この度、歌手で有名な西城秀樹さんが横浜市内にある病院で、 急性心不全で亡くなってしまったことが報道され話題になっています。 ...

西城秀樹の心不全(死因)の原因は?

  • 名前:西城秀樹(さいじょう ひでき)
  • 本名・木本龍雄(きもと・たつお)
  • 年齢:享年63歳
  • 出身:広島市
  • 職業:歌手
  • 死因:急性心不全

西城秀樹さんは16日の午前11時53分に急性心不全により、

横浜市内の病院で亡くなってしまったとのことですが、

急性心不全の原因は一体なんだったのでしょうか。

まず急性心不全というのは全身に血液を送り出す心臓の機能が急激に低下してしまい、

激しい呼吸困難に襲われたり、最悪死にいたる危険がある非常に危険な病気です。

また、急性心不全は突然死の中で最も多い死因だと言われていて、

発症後1分以内に命を落としてしまう場合もあるそうです。

ただ、急性心不全の原因としては一つに限らないらしく、

様々な心臓の基礎疾患が原因になってしまうようですね。

なので西城秀樹さんの急性心不全の原因としては、

過去の病気により慢性的な心不全が起きていたりと、

様々な要因が考えられると思います。

西城秀樹の過去の病気や脳梗塞の影響は?

西城秀樹さんは2003年と2011年に2度の脳梗塞を発症しており、

右半身が麻痺してしまうという後遺症が残っていました。

その後西城秀樹さんは後遺症に負けずに復帰をし、

右半身麻痺の後遺症のリハビリを続けながら活動をしていましたが、

4月25日より体調が悪くなり入院をし5月16日に急性心不全が起きてしまいました。

急性心不全と脳梗塞の後遺症には明確な影響はないと言われていますが、

急性心不全は精神的・肉体的ストレスからもなる場合があると言われているため、

少なからず今回の死因にも影響を与えているものと思われます。

2度目の脳梗塞の後は精神的ストレスがすごく、

「死にたくなるほど辛い思いをした」と語っていた西城秀樹さんでしたが、

やはりその後も精神的なストレスは相当なものだったのだと思われます……。

ということで今回は、この度亡くなってしまわれた西城秀樹さんの

死因である急性心不全の原因などについてまとめてみましたが、

西城秀樹さんが亡くなってしまわれたのは本当に残念で仕方ありません……。

西城秀樹さんのご冥福をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにオススメの記事