御幸橋ミキサー車転落事故の原因は?運転手の状況や怪我人情報も調査

2018年5月29日の午後1時24分ごろに

広島県広島市南区にある御幸橋(みゆきばし)付近で、

大型のミキサー車が転落し、大破する大事故が起き話題になっています。

御幸橋付近は現在もかなり混雑していますが、

通常御幸橋は転落事故が起きるような場所ではないため、

何が原因で事故が起きてしまったのか気になっている方も多いとのこと。

なので今回は御幸橋のミキサー車転落事故の原因について調べ、

運転手の状況や他の怪我人がいるかの情報についても調査してみました!

御幸橋ミキサー車転落事故の原因は?

まずは御幸橋ミキサー車転落事故の状況についてですが、

ミキサー車が橋の欄干(らんかん)を突き破り川に転落し、

そのまま大破をしてしまったようですね。

欄干というのは橋や縁側などのふちなどに、

人が落ちないように縦横にわたした木のことをいいますが、

車が突き破ることは普通考えにくいようなものです。

目撃者によるとミキサー車は川沿いを南から北に進行していましたが、

ブレーキをふんだ感じはなく勢いがあるまま欄干に突っ込んでいったとのことだったので、

運転手の居眠り運転の可能性が高そうですね……。

なんらかの形でミキサー車の制御が効かなくなったことも考えられますが、

やはり欄干を突き破るほどの勢いなので居眠りが原因と考えて良いと思います。

居眠り運転といっても昼間に起こることはなかなかないので、

運転手は過酷なスケジュールでの運転を強いられていたのでしょうか……。

もし居眠り運転だとしたら会社側の対応も気になるところです。

御幸橋ミキサー車転落事故の運転手の状況や怪我人は?

続いてミキサー車の運転手の状況についてですが、

運転手の名前は神垣善治さん(46)という方で、

救助活動にあたったものの搬送先の病院で死亡が確認されたとのことです……。

御幸橋の現場付近はショッピングセンターが近くにあり、

人通りもかなり多い場所なので巻き添えによる怪我人の心配もされましたが、

幸いにも巻き込まれた人はおらずに他の怪我人はいないとのことでした。

今回の事故では運転手が亡くなってしまったため、

詳しい事故の原因については現場の状況から調査しているとのことですが、

しっかりと原因を突き止めて同じことがないような対策が練られるといいですね……。

ということで今回は御幸橋で起きたミキサー車の転落事故についてまとめてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにオススメの記事