岸井成格の死去理由(死因)はガン?帽子エピソードやプロフィールも

この度毎日新聞社特別編集委員として有名な

岸井成格さんが亡くなってしまったことで話題になっています。

岸井成格さんはサンデーモーニングにも出演しており、

今回の報道には多くの悲しみの声が上がっているようです。

なので今回は岸井成格さんのプロフィールについてはもちろん。

岸井成格さんの死因の大腸ガンや過去の帽子エピソードについてもまとめてみました。

岸井成格の経歴は?プロフィールまとめ

  • 名前:岸井成格(きしいしげただ)
  • 生年月日:1944年9月22日
  • 享年:73歳
  • 職業:政治部記者・コメンテーター
  • 肩書き:毎日新聞社特別編集委員

岸井成格さんは慶応大学法学部を卒業後に毎日新聞社入社をし、

ワシントン特派員・政治部長・論説委員長・主筆などなど

数々の職務を全うしていた方でした。

また岸井成格さんはコメンテーターとしても活躍をしており、

張本氏のコメントが秀逸な日曜の朝番組である「サンデーモーニング」

TBSの「みのもんたの朝ズバッ!」などにも出演経験があります。

そのため岸井成格さんの顔や声を聞いたことがある方も多く、

多くの方が今回のニュースに驚いたのではないでしょうか。

また、岸井成格さんは自身の本も出版しており、

代表作としては「大転換 瓦解へのシナリオ」「議員の品格」「政治言論」など、

数多くの書籍を出版した実績もありました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

議員の品格【電子書籍】[ 岸井 成格 ]
価格:826円 (2018/5/15時点)

さらに2014年には優れたテレビ作品などに贈られる「橋田賞」

報道番組の解説者として受賞するという素晴らしい経歴も持っています。

岸井成格の死去理由(死因)は大腸ガン

続いて岸井成格さんの死因についてですが、

これは肺腺ガンが死去理由だと報道されています。

肺腺ガンというのはいわゆる肺がんのうちの一つで、

一般的にタバコを吸っているとかかりやすいとイメージされていますが、

実際にはタバコ関係なく多くの方がかかってしまう病気だそうです。

肺腺ガンは歌舞伎俳優の中村獅童さんもかかったことがありますが、

歳をとってくるほど発症率が高くなるとも言われていますね。

岸井成格の帽子エピソードとは

岸本成格さんは昨年の9月ころからガンを発症し、

サンデーモーニングなどで長期間のお休みをする時期がありましたが、

久しぶりに復帰した時にはガンを副作用を隠すために帽子をかぶって出演をしました。

その時にガンの治療のために休暇を取っており、

副作用を隠すために帽子をかぶっているとコメントをしましたが、

なんとなく番組を見ていた方や事情を聞いていない視聴者から、

「室内では帽子を取れ」と批判のコメントが多くきてしまったんです。

かぶっていた帽子が少しオシャレなものだったこともあって、

「岸井は何なの?帽子被って出演とか視聴者舐めてるのか?」

といったかなり厳しい意見も届いてしまったようです。

実際にはただ副作用を隠すためなだけで、

むしろガンの治療中なのに出演していたことのほうがすごいことなのに、

こうした批判が起きてしまったことはとても悲しいことですね……。

その後しばらく番組には復帰をしていましたが、

2018年に入ってから肺腺ガンが再発をしてしまい、

5月に急激に悪化しそのまま亡くなってしまいました。

ということで今回は岸井成格さんについてまとめてみましたが、

これから岸井成格さんのコメントが見れなくなるのは残念で仕方ありません……。

岸井成格さんのご冥福をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにオススメの記事