井上コーチ(日大アメフト)の顔画像や経歴は?宮川泰介への支持が酷すぎる件

この度日大アメフト部の悪質タックル事件の加害者である、

宮川泰介さんによる記者会見が行われ話題になっています。

今回の記者会見で新たに井上コーチという方が、

宮川泰介さんに対する指示を出していたことが発覚し、

井上コーチがどんな人物なのか気になっている方も多いとのこと。

なので今回は宮川泰介さんの会見についてまとめ

井上コーチの顔画像や経歴についても調査してみました。

最近話題になっている日大アメフト部の悪質タックル事件ですが、 5月22日に行われた会見で井上奨コーチという新たな黒幕が出てきて騒がれて...
日大の悪質タックル事件に関する内容が連日報道されていますが、 被害者である奥野耕世さんの父である奥野康俊さんが、 大阪市内で記者...

宮川泰介さんの会見まとめ

宮川泰介さんは今回の試合の前に実力が認められず

監督に「今後は試合も練習も出さない」と言われてしまい、

日本代表を辞退するようも強制されていたようです。

けれど井上コーチから宮川泰介さんが試合に出るために、

「クオーターバックを潰しに行くので僕を使ってくださいと言いに行け」

と内田監督に伝えるよう指示されたということがわかりました。

そして試合当日に井上コーチの指示通りの言葉を内田監督に伝えたところ、

監督が「やらなきゃ意味ないよ」と返答したらしく、

宮川泰介さんは認められるためにがむしゃらにプレーに臨みましたが、

相手の負傷退場に気付かないほど必死になっていたそうです。

試合後に「重大なことをやってしまった」と後悔する宮川泰介さんさんに対し、

「宮川のプレーは俺が指示した。宮川の成長のため。相手の事を考える必要はない」

と話をし、その後内田監督から個人的に「優しすぎる所がダメだ」と責められ、

退部の意思を伝えても「世間は監督を叩きたいだけ。気にするな」と言われていたとのこと。

また、井上コーチからも退部しないように諭されたり、

父親と本人でQBに謝りたいと監督に告げるが断られたことも発覚し、

井上コーチと本人のみで関大に謝罪に行くも関大監督に面談を拒否されたようで

最終的に、父親と本人で被害者へ直接謝意を告げに行ったことが明らかになりました。

井上奨コーチの顔画像や経歴は?

  • 名前:井上奨
  • 生年月日:1988年?月?日
  • 年齢:30歳
  • 所属部署:日大スポーツ科学部
  • 役職:アメフト部コーチ

宮川泰介さんと井上コーチは高校2年生の時からの付き合いで、

悪質タックルの指示にも信頼関係があった為に従ってしまったようです。

宮川泰介さんを日大フェニックスに誘ったのはコーチの井上奨さんとのことで、

現在は日大スポーツ科学部の教務課職員でもありながらも、

日大豊山高校アメフト部監督と兼任をしていたとのこと。

井上奨コーチは高校の時から指導してきた教え子を、

日本一を目指す自身のチームに集めていたとのことで、

そのうちの1人が宮川泰介さんだったそうですね。

今回の会見をきっかけに井上奨コーチも黙っているわけにはいかないでしょうし、

今後の井上奨コーチの動きには注目をしていきたいですね。

ということで今回は日大アメフト部の井上奨コーチについてまとめてみました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにオススメの記事