彦根警察発砲事件の犯人の名前や顔写真は?犯行動機は何?逃走経路も

この度彦根警察で警察官同士の発砲事件があり、

犯人の警察官が逃亡しているとのニュースが入り話題になっています。

現在犯人は逃走中ですが、犯人の名前や犯行動機については気になっている方も多く、

撃たれた警察官の安否についても心配の声が上がっています。

なので今回は彦根警察発砲事件の犯人の名前についてはもちろん。

犯行動機や撃たれた警察官の安否についてもまとめてみました!

彦根警察発砲事件の犯人の名前は?顔写真は?

まずは今回の犯人の名前は大西智博さんといいます。

大西智博さんの年齢は19歳の警察官なので高卒で入った新人警察官ですが、

出身高校は安曇川高校という高校で、当時はかなり真面目で明るい性格だったとのこと。

高校の頃の恩師も、まさか大西さんが犯人だとは思っていなかったようで、

近隣の住民たちからも驚きの声が多くあがっているようです。

彦根警察発砲事件の犯行動機は?

次に犯行動機についてですが、

まだ犯人が捕まっていないので正確な情報はありませんが、

上司にパワハラを受けたことが動機となっていたようです。

今回被害にあった41歳の巡査部長から、

交番内で「いびり」「怒鳴り」などパワハラを受け続け、

そのストレスが爆発し、勢い余って発砲してしまった可能性があります。

最近ではどの業界でもパワハラが話題になっていますが、

警察官内部はかなりの体育会系と言われているので、

犯行動機としては十分考えられると思われます。

・パワハラの関連記事

この度、栄和人監督の伊調選手へのパワハラ認定がされ、 レスリング協会の福田会長含め幹部が謝罪したことで話題になりました。 ...
栄和人監督のパワハラ問題に関する会見で話題になった 至学館学長の谷岡郁子さんですが、報道陣に腕を掴まれて軽傷を負ったとし、 フジ...

犯人はどこへ逃走した?

犯人の警察官は拳銃を持ったまま交番からパトカーを奪ってその場を離れ

彦根市の隣町である愛荘町でパトカーを乗り捨てて逃走しました。

警察官であるため、どういった経路で捜索をするかも把握しており、

予想しにくいルートで逃げるのではないかとも言われていますが、

新人の警察官であるため、そこまでは把握できていなかったようですね。

そしてそのまま愛荘町近辺で身を隠すことができずに

あっという間に捕らえられてしまったようです。

撃たれた警察官の安否は?

撃たれた警察官の安否についてですが、頭部に発砲を受けてしまったようで、

現在は意識不明の重体で緊急搬送されてしまったようです。

※残念ながら間に合わず、死亡が確認されたとのことです。

正確に頭部のどの部分に発砲されたかはわかっていませんが、

やはり拳銃の当たりどころが悪すぎたようです……。

ということで今回は彦根警察発砲事件についてまとめてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにオススメの記事