剛しいら先生のおすすめ書籍は?代表作は?感想やレビューまとめ

この度、『座布団』『タイムリミット』という作品で有名な

BL作家の剛しいら先生がお亡くなりになったとのニュースが入り、話題になりました。

剛しいら先生は今までに数々の人気作品を生み出していましたが、

その中でもおすすめの書籍や代表作が何か気になっている方も多いそう。

なので今回は剛しいら先生の代表作やおすすめ書籍を紹介し、

個人的な感想やレビューについてもまとめてみました。

剛しいら先生の代表作は?プロフィールまとめ

  • 名前:剛しいら
  • 性別:男性
  • 誕生日:6月9日
  • 出身:東京
  • 血液方:A型

作品紹介の前に、まずは剛しいら先生のプロフィールをまとめてみました!

まず「剛しいら」というペンネームは剛しいら先生が好きだった、

怪獣映画の「ゴジラ」を少し文字った名前だそうですね!

剛しいら先生は元々小説を書いていたそうなのですが、

本格的に今のBL作品を描き始めたのは阪神淡路大震災の後とのこと。

震災のニュースを見て剛しいらさんは衝撃を受け、

「自分の人生に悔いのないように生きようと」

現在のBL作品を描き始めたようです。

その後剛しいら先生は100作品以上の作品を生み出し、

有名な作品以外にも数多くの名作を生み出しました。

剛しいら先生の代表作は?おすすめ書籍まとめ

では、次に剛しいら先生の代表作やおすすめ作品についてです。

個人的な意見や作品にやや偏りがあるかもしれませんが、その点はご了承ください。

『座布団』

まず代表的なおすすめ作品は『座布団』です。

『座布団』は落語家の主人公とその恋人を通して、

師匠である「芸に生きた男の生涯」が語られているお話ですが、

生き生きとした人物描写にどんどん惹きこまれていき、

読み終えた後にはなんとも表現しがたい感動に包まれました。

たしかにBL的な描写もあるのだけれど、

それは物語やを作り上げるための大事なエピソードであり、

BL好きに限らず幅広い層に読んでいただきたい作品です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

座布団 [ 剛しいら ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/4/5時点)

 『顔のない男』

次に紹介するのは『顔のない男』という作品です。

私生活でも役に入らないと自分を表現できない天才俳優と

仕事のない駆け出し新人俳優の二人のお話ですが、

『顔のない男』はストーリーの繋ぎ方がとても上手で、

目まぐるしく進む展開に息も付かず読み終えてしまいます。

読後感も良いもので、非常によくまとまっているシリーズなので、

まずは一作目だけでも読んでいただきたい作品です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

顔のない男【電子書籍】[ 剛しいら ]
価格:576円 (2018/4/5時点)

『帰宅』

次に紹介するのは剛しいら先生の初期作品である『帰宅』という作品です。

『帰宅』は三つのお話が収録されている短篇集ですが、

その中でも「帰宅」と「一枚の遺書」は良い意味で「後味が悪い」作品となっています。

中には「ゾッと」する方もいらっしゃるかもしれませんが、

この三つの話すべてが非常に面白い作品なので、ぜひ手にとって見てください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

帰宅【電子書籍】[ 剛 しいら ]
価格:518円 (2018/4/5時点)

以上で3つのおすすめ作品をあげさせていただきましたが、

初期のものでいえば『子守唄・・・消えた』『夢のまた・・・夢』

ドクター×ボクサーシリーズもかなり面白いので、

ぜひこの機会に多くの作品に触れて見てくださいね。

ということで今回は剛しいら先生のプロフィールや作品についてまとめてみました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにオススメの記事