電動一輪車で公道や歩道は違法?事故の事例は?シャア専用機が危険すぎる件

この度、シャア専用カラーの電動一輪車で公道走行した会社員が、

電動一輪車で初の書類送検をされたことで話題になりましたね!

今回の報道で電動一輪車に注目が集まりましたが、

実際には何が違法で何が大丈夫か気になっていたり、

シャア専用機がどこで手に入るのかも知りたい方が多いそう。

なので今回は電動一輪車に関する法律についてはもちろん。

事故の事例や、話題のシャア専用機についてもまとめてみました!

電動一輪車で公道や歩道は違法?

まず電動一輪車は道路交通法により、車両として位置付けられているため、

現在は車やバイクと同じ扱いになっています!

つまりそもそも歩道で走ること自体が違法らしく、

就活や通勤に自転車感覚で使っているOLやサラリーマンはそもそも違反とのこと。

ただ、今までは事例が少ないのと警察の目が行き届いておらず、

歩道で使っている人がいても黙認されてきたようですね。

けれど今回、初めて書類送検がされ、ついに罰則が課されるようになりました!

2004年にセグウェイで罰金50万が課された事例がありましたので、

おそらく今回の電動一輪車も同程度の罰則が課されると思われます。

また、電動一輪車には道路交通法で定められている、

「ブレーキ」や「ミラー」がついていないようで、

歩道だけでなく公道も走ることが禁止されているようです。

なので電動一輪車で走ることができるのは、

私道または、家の庭とかに限られているようで、

街中で見かけたらまず違反だと思って大丈夫ですね。笑

ただ、見た感じかなり便利そうな乗り物ですし、

ブレーキやミラーをつけて公道でも走れるように改良すれば、

自分も乗ってみたいなぁなんて思ったり。

ただ、整備されてブレーキやミラーが付いたとしても

走れる道路の課題もありますし、自分が乗るのはかなり先の話になりそうですが。笑

電動一輪車の事故の事例は?

続いて電動一輪車の事故の事例についてですが、

まず今回の報道自体が、バイクと電動一輪車の接触事故ですね。

電動一輪車で公道走行中に通勤中の原付バイクと衝突し、

お互いに怪我はなかったようですが、一歩間違えればかなり危険だったと思われます。

他の事故の事例は今までニュースにはなっていませんが、

歩行者や自転車と接触する事例は実際に起きているようですね。

やはりブレーキやミラーがないのにも関わらず、

時速15kmという自転車並のスピードで走っていくので、

事故が起きないはずがないですよね。笑

最近では自転車事故も多発しており、

自転車による罰則も厳しくなっていますから、

電動自転車はなおさら厳しくするべきだと思いました。

電動一輪車のシャア専用機は自作?

では、最後にシャア専用モデルの電動一輪車ですが、

これは市販されているものではないそうで、

本人がステッカーをペタペタと貼ったオリジナルのデザインだそうです!笑

電動一輪車は自分でオリジナルにカスタマイズしていくことを

メーカーも推奨しており、自由にステッカーを貼るのが流行りだそうですね。

なので電動一輪車のシャア専用機が欲しい方は、お店では手に入らないですが、

ガンダムのステッカーを手に入れれば簡単に作ることができます!笑

電動一輪車は法整備がきちんとされておらず、まだまだ課題が山積みですが、

いつか便利な乗り物として普及してきたらカスタマイズも楽しそうですね!

今回の報道をきっかけに、電動一輪車を廃止するのではなく、

メーカーや国がきちんと整備して安全に楽しめる方向に進んでくれればいいなと思います。

ということで今回は、電動一輪車についてまとめてみました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにオススメの記事