朝丘雪路の死去理由(死因)は何?アルツハイマー型認知症の症状も

この度昭和に大活躍していた女優で日本舞踊家の朝丘雪路さんが、

アルツハイマー型認知症のため死去してしまっていたとの訃報が入りました。

しかしアルツハイマー型認知症による死因についてはあまり知られておらず、

どんな症状で死因となってしまうのか知らない方も多いとのこと。

なので今回は朝丘雪路さんの死去理由となってしまった

アルツハイマー型認知症の症状についてまとめてみました。

朝丘雪路のプロフィール

  • 名前:朝丘雪路(あさおかゆきじ)
  • 本名:加藤雪会(かとうゆきえ)
  • 生年月日:1935年7月23日
  • 出身:東京都中央区
  • 配偶者:津川雅彦

朝丘雪路さんの死去理由(死因)はアルツハイマー型認知症?

朝丘雪路さんはアルツハイマー型認知症で亡くなってしまったとのことですが、

アルツハイマー型認知症は、アメリカで6番目に多い死因と言われています。

ただ、日本ではアルツハイマーではなく肺炎や心臓発作など

直接的な死因が記録されることが多いとのことで、

アルツハイマー型認知症は日本ランキングには入っていないようですね。

アルツハイマー型認知症というのは通常の認知症と同様に、

失認や妄想によってコミュニケーションが困難になるだけでなく、

病気が進行していけば呼吸や心拍などを司る脳細胞にも影響が出てしまい、

肺炎から回復できなくなってしまう場合があるそうです。

アルツハイマー型認知症になっていなければ肺炎から回復できたのに、

日本ではこの場合の死因も「肺炎」となってしまうようなので、

アルツハイマー型認知症の一般的な認知度はかなり低いとのこと。

ただ、朝丘雪路さんの場合は一般的な意見と異なり、

アルツハイマー型認知症が死因と報道されたので、

かなり重度のアルツハイマー型認知症になっていたのだと思われます。

アルツハイマー型認知症は最終的には寝たきりになってしまう病気なので、

朝丘雪路さんも最後は家のベッドで看取られたようですね……。

ということで今回は朝丘雪路さんの死因である、

アルツハイマー型認知症についてまとめてみましたが、

最近は西城秀樹さんをはじめ昭和の有名人が次々と亡くなってしまったりと

時代の流れを感じるとともに、なんとも言えない寂しさを感じてしまいますね……。

朝丘雪路さんのご冥福をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにオススメの記事