オリヴェイラ(浦和新監督)の戦術は?指導歴は良い?大槻組長の今後も

浦和レッズは堀孝史監督が退任し、暫定監督として大槻組長が務めていましたが、

この度オズワルド・オリヴェイラが新監督として就任することが決定しました!

大槻組長は暫定監督としてこれ以上ない活躍を見せたので、残念がる声もありましたが、

同時にオズワルド・オリヴェイラ監督の就任には期待が高まっているそう!

この度、浦和レッズの暫定監督として就任した大槻毅さんですが、 初陣で見事勝利を収めたり、その見た目のいかつさから話題になっています。 ...

なので今回はオズワルドオリヴェイラ監督の戦術や指導歴はもちろん。

大槻組長の今後の活動についてもまとめてみました!

オズワルド・オリヴェイラ監督の経歴や指導歴は?

オリヴェイラ監督は2007年に鹿島アントラーズの監督を務め、

3年連続J1優勝を果たすという素晴らしい実績を持っています!

さらに天皇杯や現ルヴァン杯であるナビスコ杯などなど、

日本の主要な大会で6度も優勝し、一時は「オズの魔法使い」とも呼ばれ、

鹿島アントラーズのファンからは賞賛されていました!

鹿島アントラーズにいたのは10年ほど前ですが、

まさか浦和レッズの監督になるなんて当時からは信じられないですし、

これからどうなるのか非常に楽しみですね!

オズワルド・オリヴェイラ監督の戦術は?

オリヴェイラ監督はミーティングをかなり長くやることで有名で、

選手に対するコミュニケーションをとても大切にする監督です。

10年ほど前の鹿島アントラーズの選手との初顔合わせでは、

全員の顔と名前を知っていたというエピソードもあるほどで、

選手を育てていく力というものはかなりあると思われます。

オリヴェイラ監督の戦術としては硬派な印象が強く、

鹿島時代では4-4-2のフォーメーションでチームを作ってきました。

ただ、浦和レッズの選手は3バックに慣れていますし、

オリヴェイラ監督は選手の状況に合わせた戦術を選ぶ柔軟性もあると思われるので

監督就任に伴い戦術を3バックに変える可能性もあります。

浦和レッズファンからも3バックで戦ってほしいとの意見も多いですが、

オリヴェイラ監督が3バックで戦っているのを見たことがないため、

現時点では4-4-2の戦術になる可能性も否定できません。

もし4-4-2の戦術だと選手と噛み合わなくなることも考えられますし、

オリヴェイラ監督の第一戦には特に注目していきたいですね。

また、前線はフィルターとして高い位置からプレッシングをかけたり

選手の状況応じてカウンターやパワープレイも使う一面もあります。

そしてオリヴェイラ監督はフィジカルコーチ出身の監督であり、

選手の体調管理やモチベーターとしてもかなり優秀な人物なので、

より強固なチームを作り上げていく力も持っています!

大槻組長(監督)の今後は?

暫定監督として素晴らしい結果を残した大槻組長ですが、

おそらく今後はユースの監督に戻るものだと考えられます!

大槻組長の暫定監督退任には多くの悲しみの声が上がっていますが、

今は優秀な選手を育ててくれることもとても大事ですし、

後々また戻ってきてくれることを期待したいですね!

大槻組長は浦和レッズの伝説的な存在になりそうですが、

気になる方は大槻組長の有志を見に、ユースの試合に行きましょう!

ということで今回は浦和レッズの新監督についてまとめてみました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにオススメの記事