浜田文子が覚醒剤逮捕で処分内容は?プロフィールや事件のきっかけも

この度、日本の女子プロレスラーで有名な浜田文子さんが、

覚醒剤を所持していたことで逮捕されたことが話題になっています。

浜田文子さんは往年の名レスラーのグラン浜田の娘であったことからも、

今回の覚醒剤所持による逮捕には驚きの声が多く上がっているようです。

なので今回は浜田文子のプロフィールについてはもちろん。

処分内容や覚醒剤を所持したきっかけについても調べてみました。

浜田文子のプロフィールまとめ

  • 名前:浜田文子
  • 本名:アヤコ・バレンティナ・ハマダ・ビジャレアル
  • 生年月日:1981年2月14日
  • 年齢:37歳
  • 体重:65kg
  • 両親:グランはまだ
  • トレーナー:アジャコング

浜田文子さんは有名プロレスラーグラン浜田の娘であったため、

デビューする前から浜田文子さんの写真集などが発売されており、

期待のスーパールーキーとして雑誌の表紙にも飾られていました。

1998年ののアルシオン・後楽園ホール大会でデビューをし、

一年ちょっとでアルシオンのチャンピオンに輝くという経歴を持っています。

その後はアルシオンを脱退し各団体を渡り歩きましたが、

2012年からWAVEに所属をして活動をしていおり、

今後もさらに期待が高まっていたプロレスラーでした。

浜田文子の覚醒剤逮捕による処分内容は?事件のきっかけも

次に浜田文子さんの処分内容についてですが、

今の所は捜査の進捗を見守っており処分については保留とのことですが、

犯罪の事実が明白となり次第、即刻厳正なる処分を行う方針とのことです。

つまり、覚醒剤の使用が事実である確認が取れたならば、

浜田文子さんの全ての契約を解除する方針とのことなので、

状況によっては一番厳しい処分内容になってしまいそうですね……。

ただ、今回の覚醒剤の使用はおそらく明らかなものであるものの、

常習性はなく、初めて覚醒剤を使った時に捕まってしまったという報告もあるので、

もしかすると処分が少しだけ軽くなる可能性も秘めています。

ただ、覚醒剤使用はスポーツマンとしてあるまじき行為なので

一度でも使用してしまっただけでも復帰は難しいかもしれませんね…..。

覚醒剤を所持してしまったきっかけについては現在調査中ですが、

13日に行う予定だった王座防衛戦を急遽キャンセルしたことからも、

その時期に仲間にそそのかされて覚醒剤を使用してしまった可能性が高いです。

ということで今回は覚醒剤使用で逮捕されてしまった

プロレスラーの浜田文子についてまとめてみましたが、

きちんと反省してプロレスに復帰してくれることを祈るばかりですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにオススメの記事