音楽

Avicii(アヴィーチ)の死因は精神病?引退後も続いた過酷な日常

この度スウェーデン出身のDJで日本でも大人気だったAvicii(アヴィーチ)さんが、

原因不明で亡くなってしまったというニュースが流れ話題になっています。

Avicii(アヴィーチ)さんはすでに音楽業界を引退していましたが、

今回の死因は精神病とも言われ、引退理由が関係しているかもしれないとのこと。

 

なので今回はAvicii(アヴィーチ)さんの引退理由についてはもちろん、

Avicii(アヴィーチ)さんの死因と言われる精神病について考察してみました。

 

Avicii(アヴィーチ)の引退理由は何?過酷な日常とは

Avicii(アヴィーチ)さんは2016年に突如引退宣言をし、

同年の8月にイビザ島で長いツアー生活を終えました。

 

当時は「Wake Me Up」という曲が爆発的なヒットをし、

ファンからは悲しみの声が多く挙がっていたようですが、

Avicii(アヴィーチ)さんの心境はかなり苦しいものだったそう。

 

当時Avicii(アヴィーチ)さんの引退理由としては

「自分の本当の人生を生きたいから」というものでしたが、

実際はDJツアーの過酷な日常が影響していると言われています。

 

DJという仕事は他の音楽ジャンルとは異なり、

アルバムのリリースに合わせてツアーをしなかったり、ライブの荷物が少なかったりするため

移動距離に制限がなくツアーを巡る速さが異常なほど早いそう。

 

Avicii(アヴィーチ)さんもその例外ではなく、

DJとしての人気が高まれば高まるほと移動が増え、

人気が出てからは休みなく世界中と飛び回っていたそうです。

 

 

また、DJのライブというのは大体夜中に行われ、

終わるのは朝の3時やさらに遅くなる場合もあります。

 

それからホテルに戻って朝の飛行機まで仮眠を取ろうとしても

ライブの興奮が冷めずなかなか気分が落ち着いて来ないらしく、

気づいたら睡眠障害にもなってしまうそうです。

 

さらにDJという仕事にはバンドメンバーなどもいないので、

マネージャー以外ではほとんど単独で行動することになるため、

ふと強烈な疎外感や孤独感を味わうこともあるのだとか。

そうした精神的ストレスがさらに睡眠状態を悪化させ、

さらに精神状態を蝕むという悪循環が生まれてしまうそうです。

 

まるでピンボール玉のように世界中に跳ね返っては飛び回り、

睡眠障害や孤独感をAvicii(アヴィーチ)さんは味わっていたようで、

それに耐えきれずに引退を決意したと言われています。

 

Avicii(アヴィーチ)の死因は精神病?

このような過酷な日常を過ごしていたAvicii(アヴィーチ)さんは、

引退するとき既に「うつ病」などの精神病にかかっていた可能性があり、

それが原因で今回の原因不明の死につながってしまったと考えられます。

カリフォルニア大学統計学部の調査によると、

エレクトロニックやダンスミュージックの死亡率は音楽14ジャンル中5位で、

多くのDJが精神病を患い、アルコール依存症や薬物中毒で亡くなると言われています。

 

このことからもAvicii(アヴィーチ)さんは引退時に既に深い精神病を患っており、

引退後もアルコール依存症や薬物中毒にはまっていた可能性もあります。

 

引退をしてもDJのツアーで積み上げられた不安と鬱と不眠は消えずに、

アルコールに依存してしまい、さらに精神が蝕まれていき、

今回のようなニュースに繋がってしまったと考えられます。

 

Avicii(アヴィーチ)さんの明確な死因はわかっていませんが、

個人的には現役時代に負った精神的ストレスと不眠は

Avicii(アヴィーチ)さんの死にかなり影響していたのではないかと思います。

 

ということで今回はAvicii(アヴィーチ)さんの死因についてまとめてみました。

ABOUT ME
てんけん
てんけん
てんけんです。 バイクが好きでツーリングに出かけます。