お笑い

濱田祐太郎(盲目芸人)の杖の名前は何?使い方は?付き人の名称も

この度、ピン芸人の日本一を決める「R1グランプリ」で

盲目芸人の濱田祐太郎さんが16代チャンピオンに輝いたことで話題になっています!

濱田祐太郎さんは道具などを一切使わず、自分の喋りのみで笑いを起こすなど

障害をむしろ笑いにしてしまう凄さに多くの方を感動の渦に巻き込みましたね!

 

また、今回の濱田祐太郎さんの優勝は盲目という視覚障害をもつ

多くの人たちにも勇気を与えたのではないかと思います!

 

けれど、まだ視覚障害については一般的に認知が弱く、

濱田祐太郎さんが使っている杖の名前や使い方について

本人が登場する際の付き人が誰なのかについてはあまり知られていません。

 

なので今回は濱田祐太郎さんが使っている杖の名前や使い方はもちろん

濱田祐太郎さんの付き人の名称についてもまとめてみました!

濱田祐太郎さんの杖の名前は?使い方は?

では、早速濱田祐太郎さんが使っている杖の名前ですが、

「白杖」(はくじょう)という名前が付いています!

白杖との名の通り、見た目は白い棒状のものになっており、

大きさは直径が2cm長さは1mから1.5m程度のものがよく使われているとのこと。

 

濱田祐太郎さんのように盲目の方々は、ほとんどの方がこの白杖を持っており、

日常生活でも視覚障害者の方が白杖を見たことがある方は多いのではないでしょうか?

 

白杖の使い方としては、まずは前方の安全確保が第一になっています。

自分の前に白杖をこすりながら歩いている方を見たことがあるかと思いますが、

あれは壁や人に激突することを防ぐことが第一として行なっているそう

 

次に大事なものが地面の割れ目や、点字ブロックを探すなど

路面の状況を察知する為に白杖を使っているようです。

(これはなんとなくイメージができますね!)

 

そして最後に大事なのが周りへの注意喚起というもの。

棒を地面にこすって歩くことで周りの人がいち早く気づき、

場合によっては助けてあげたり、ドライバーも注意することができるようですね!

濱田祐太郎さんが使っている白杖の種類はなに?

このように白杖には視覚障害者を支える大事な道具ですが、

実は白杖は一種類ではなく、いくつかの種類に分かれているんです!

 

白杖には大きく分けて

  • 持ち手が異なるタイプ
  • 支柱が異なるタイプ
  • 先端が異なるタイプ

の三つに分かれます!

 

まず持ち手が異なるタイプは、

いわゆるまっすぐな棒である「I字タイプ」

一般的な傘と同じようにカーブしている「C字タイプ」

あとは持ち手がTの字やL字になっていものもあります。

次に支柱が異なるタイプというのは、

伸び縮みができないまっすぐな棒である「ストレートタイプ」

三つほど折りたたみが可能な「折りたたみタイプ」

スライドして小さくできる「スライドタイプ」の三つがあります。

そして最後に先端が異なるものには、

キノコのかさのような形をしている「バームチップタイプ」

先端が回転する「ローラーチップタイプ」

涙のような形をしている「ティアドロップタイプ」というものがあります。

白杖にはこれらを組み合わせた種類があり、

その人に使いやすさに応じて種類を選ぶそうです!

 

ちなもに濱田祐太郎さんが使っているのは、

持ち手が「I字タイプ」で支柱が「折りたたみタイプ」

先端は通常のものか「ティアドロップタイプ」であると思われます!

 

おそらく下記の商品に近いものを使っているのではないか思います。

(写真で判断しているので間違っている可能性もありますが。笑)

 

濱田祐太郎さんの付き人は誰?

続いて濱田祐太郎さんの付き人についてですが、

彼らにはガイドヘルパーという名前がついているそう!

 

これは杖同様あまり知られていないのですが、

ガイドヘルパーになるためには資格の取得が必要であったり、

資格を得るための養成学校というのもあるそうです。

 

また、ガイドヘルパーは濱田祐太郎さんのような資格障害者だけでなく、

車椅子での介護が必要な全身性障害の方や、知的障害者の方の援助も行なっています。

 

濱田祐太郎さんは普段ガイドヘルパーさんに頼らず生活をしているそうですが、

お笑いのステージに立つ時はスムーズにステージに立つ為

ガイドヘルパーさんにお願いをしているようですね。

 

ということで今回は、R1グランプリで見事優勝を果たした

濱田祐太郎さんが使っている杖の名前や付き人についてまとめてみました!

これを機に視覚障害者への理解がより深まっていくと良いですね!

 

ABOUT ME
てんけん
てんけん
てんけんです。 バイクが好きでツーリングに出かけます。