ヤマハ

YZF-R6は街乗りでも楽しめる?試乗インプレまとめ

こんにちは!

今回は昨年マイナーチェンジをした、YZF-R6について

試乗する機会を得られたので、乗り味などをまとめてみました!

 

それでは、始めます。

YZF-R6の特徴・スペックなど

YZF-R6の特徴といえば、600㏄の直列四気筒エンジンですが、

これが何とも丁度良いといいますか、

「使いきる」ことができる性能を持っているんですね。

 

リッターSSなどは排気量の大きさから、

なかなか高回転まで回せる機会がなかったり、

気持ちいい回転数までたどり着けなかったりと、

性能を100パーセント「使いきる」ことができないんです。

 

けれどYZF-R6は、600㏄という丁度いい排気量のおかげで、

一般道でも高回転まで回す機会があったり、

ワインディングも刺激的な走りを体感することができます。

 

決して遅いとかそういうわけではなく、

ストレスなくバイクの性能を「使いきる」ことができるバイクだなぁと感じました。

排気音も直列四気筒の官能的なサウンドを一般道でも思う存分楽しむことができます。

 

個人的には6000回転くらいでもでもめちゃめちゃ良い音を奏でてくれますし、

ライダーにエンジン音が聞こえやすいように設計もされているようで、

乗っていて非常に気持ち良いです。

 

ですが決してうるさくもなく、近所迷惑になることもないので

その点も安心して乗ることができるバイクです。

YZF‐R6は街乗りでも楽しめるバイク

このようにYZF‐R6は「使いきる」ことができるバイクですので、

街乗りでもかなり楽しむことができます。

SS系のバイクはサーキットを走ってなんぼと思われることもおおいですが、

YZF‐R6に関していえば、街乗り、ツーリングも全然楽しいです。

 

ギアを低めにして走れば、法定速度を守っていても

気持ちいい排気音や加速感を味わえますし、

前傾姿勢もそこまできつくありません。

 

むしろ高速道路などでは風が当たらないので楽ですし、

一日乗ってもそこまできつくないんじゃないかなぁと感じました。

(あくまで個人の主観ですが。笑)

 

なのでサーキッドで走るのも、もちろん楽しいですが、

YZF-R6に乗るユーザーは街乗り、ツーリング好きにもおすすめできるかと思いますし、

ミドルSSで良いのは、まさにこの使いきれる性能だなぁと改めて感じました。

 

SSにあこがれるけど、ゆったりツーリングを楽しみたい。

そんな方にもYZF-R6はかなりおすすめできるので、

もしあなたがその点で悩んでいるのなら心配はいりません!(笑)

 

街乗りも快適で非常に楽しいバイクですので、

是非試乗して「使いきれる」性能を体感してみてくださいね!

 

それではまた。

ABOUT ME
てんけん
てんけん
てんけんです。 バイクが好きでツーリングに出かけます。