ヤマハYBR250ってどんなバイク?スペックや足つきはどう?

こんにちは!

今回は現在私も乗っている絶滅寸前中華バイクYBR250についてご紹介していきます。

YBR250のスペックや特徴

YBR250は丸目が特徴のネイキッドバイクですが、

なんといっても注目すべきは19.2ℓというタンク容量です!

今現在国内にある、250ccのバイクの中ではYBR250を上回るものがありません。

そしてエンジンはヤマハの代表的バイクである

セローのエンジンを改良したものを載せており、

燃費も30km/ℓを下回ることはほぼありません。

なので航続距離としてはどんなに燃費が悪くても

500kmを下回ることはありませんし、

最大で800km以上走り続けることも可能なバイクとなっています。

まさに中国大陸を走り抜けるためのバイクですね(笑)

ここまでのタンク容量をもっていながらバイクの総重量は154kgと非常に軽いです。

なので取り回しも非常に楽ですし、旋回性能もそこそこ高いです。

エンジンがセローのものなのでトルクもあり、

アクセルを回すとドドドッと力強い発進し、なかなか心地よいです。

20馬力程度なので、その後の加速感や最高速もそこまで早くありませんが

一般的な走行で不便は全くありませんし、むしろバランサーが搭載されているので、

だいたい時速80キロくらいまでは振動も少なく快適です。

YBR250の足つきは?

YBR250の足つきですが、

シートが805mmと250ccネイキッドにしては高いほうですし、

またシートの幅も広いため、足つきはあまりよろしくありません。

私は身長180cmなので両足かかとがべったりつきますが、

身長170cmぐらいであれば、両足だとかかとは浮いてしまうかもしれません。

ただ車重が非常に軽いのでつま先がつけば何の不安もないかと思われます。

YBR250の欠点

YBR250には一つだけ欠点があるのですが、それは、

「部品供給の難しさ」

になります。

すでに生産終了してしまったYBR250ですが、

中国生産ということも相まって部品の供給が非常に難しいです。

日本で取り寄せることができず、

中国から輸入しなければならない場合もあります。

(実際に私も中国から輸入した部品もあります。)

お店によってはYSPさんから取り寄せてくれたり、

独自の部品供給ルートを持っている場合もありますが、

もしあなたがYBR250を手にしようとするのならば、

部品供給ができるかを確認するとよいかと思います。

まとめ

YBR250は航続距離がすごく、必要十分なパワーもあり、

旅バイクとしては非常に楽しいバイクです!

ただ、本当に部品供給だけが問題になってしまいますが、

そこさえ解決してしまえばとても良いバイクですので、

気になる方は是非チェックしてみてください!

ちなみに私のインプレ記事はこちらですのでよければどうぞ

こんにちは! 今回はのんびりツーリングに最適なYBR250のインプレをまとめてみました。 YBR250の特徴などについて知らない...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにオススメの記事