SWM RS125Rはセカンドバイクに最適?試乗インプレ

こんにちは!

今回はイタリアのメーカーであるSWMのうち

125㏄のオフロードバイク「RS125R」に試乗する機会がありましたので、

インプレッションをまとめていきたいと思います!

RS125Rの特徴・スペック

RS125Rの特徴で大きなものはやはり車体のサイズ感でしょう。

125㏄なのに車体がフルサイズであり、

ホイールベースを見るとヤマハのWR250rが1425mmに対し、

SWMのRS125Rは1465mmと大きさがほぼ変わりませんし、

見た目やまたがった感覚では、とても125㏄には感じませんでした。

そして乗り味ですが、今回私はオフロードを走ることができず、

オンロードのみのインプレになってしまいますが、

走り始めた感覚は、非常に軽快でかつフルサイズの安定感を感じました。

エンジン自体は125㏄でそこまでパワーはないのですが、

車体がフルサイズということもあり、速度を出しても剛性さを失わないので、

まるで125㏄と感じさせない走りを見せてくれるんです。

シートが950㎜とかなり高めなんですが、

車体の軽さも相まって不安な感じも全くありませんでした。

この車体とこの走りならオフロードでも中々の走りを見せてくれるのでは?

とオンロードを走りながらも感じ、すぐにでもダートに持っていきたくなりました。(笑)

RS125Rはセカンドバイクに最適

しかし、中には別に125㏄でなくても別にいいのでは?

という意見があるかもしれません。

たしかに、バイクは一台だけでオフロードをガンガン走りたい!

という方にはRS125Rは魅力的に見えないかもしれません。

しかしRS125Rの良さはガンガン走る楽しさではなく、

気軽にオフロードを楽しめる良さがあると感じました。

下道をのんびりツーリングして、

たまに横道逸れて気軽にダートを楽しんだりできるバイクで、

それこそセカンドバイクとしてもかなり優秀なバイクだと思います。

125㏄のバイクはピンクナンバーですので、

保険はファミリーバイク特約が使えて、維持費も安く済みますし、

何より気軽に所有することができますよね。

メインのオンロードバイクを一台所有して、

通勤快速として利用したり、たまにオフロードを楽しんだりと

RS125Rはそういう乗り方はかなりあってるんじゃないかなぁと個人的に思いました。

(もちろんメインにしても楽しいと思います!)

また、125㏄には見えない車体や安定感などからも、

セカンドバイクとしては非常に満足度の高いバイクです。

メインバイクはあるけど、たまにオフロードも走りたい。

けどそれなりの剛性さや性能が欲しい!

そんな方にはぴったりのバイクですので、

もしあなたが気になっているなら是非チェックしてみてくださいね!

それではまた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにオススメの記事