スズキ

SV650レビュー!ゆったりツーリングが楽しいVツインの特徴とは?

こんにちは!

今回はスズキのVツインエンジンを搭載した丸目ネイキッドバイク

「SV650」についてレビューをしていきます!

SV650の特徴・スペック

まず、SV650の特徴といえばやはり、Vツインエンジンの鼓動感でしょう。

エンジンをかけた瞬間から、アイドリングの心地よいドコドコ感がライダーに伝わり、

すぐにでも走りたくなるような感覚に陥ります。

 

いざクラッチを繋いで走り始めると、

ローRPMアシストの恩恵もあって太いトルク感が得られ、これがなんとも気持ちいい。

 

ローRPMアシストとは発進時や低速走行時に、

回転数が落ち込まないように自動制御してくれるものなんですが、

体感した感じエンストをする感じもまったくなく、Uターンも安心して行えます。

 

そして速度が乗ってくるとVツインエンジンの鼓動感さらに心地よく、

エンジンのドコドコ感を感じながらどこまでも行きたくなるようなフィーリングでした。

 

また車体が非常に軽量であったり、タンクもスリムでニーグリップもしやすく、

コーナーも気軽にひらひらっと曲がれる旋回性能も持っているので、

SV650はワインディングに持ち込んでも気持ちよく走れるのではないかと思いました。

ゆったりツーリングが楽しいVツインエンジン

先ほども言ったように、SV650はVツインエンジンの鼓動が心地よいバイクなので、

ゆったりツーリングが一番合うなぁと個人的に感じました。

 

気軽にコンビニに行ったりと、気兼ねなく付き合える側面もありますが、

自分が乗るのであれば、少しだけ遠出をしてのんびりバイクの鼓動を味わいたいな。と

 

近くのコンビニだと目的地にすぐに着いてしまい、

ゆったりと乗り味を楽しむことができないので。(笑)

 

普段使いでもかなり万能に対応してくれますが、

ライダーとバイクが一体になり、対話を楽しむような乗り方が楽しいだろうなぁ。と

試乗しながら感じました。

 

また、ライバル車としてはヤマハのMT-07やXSR700があげられますが、

SV650の強みは何度もいいますがVツインエンジンの鼓動感だと思います。

 

排気量やスペックこそ似通っていますが、

Vツインの鼓動感はMT-07やXSR700にはないフィーリングですので、

もしこれらの車両で悩んでいるのであれば、単純にメーカーの好みだけで選ぶのではなく

しっかりと乗り比べてエンジンフィーリングの違いを感じとってから

自分の乗りたいものを選ぶのが良いと思います。

 

是非お店で試乗し、Vツインの鼓動感を自分の身体で体感してみてくださいね!

 

それでは今回はこの辺で。

 

ライバル車の記事はこちら

●ヤマハMT-07が大型初心者にもおすすめできるその訳とは

●XSR700は王道ストリートバイク?味わい深さを感じるその秘密とは

ABOUT ME
てんけん
てんけん
てんけんです。 バイクが好きでツーリングに出かけます。