スズキ

GSX-S1000レビュー!パワーと扱いやすさを備えたその乗り味とは

こんにちは!

今回はスズキの人気モデルGSX-S1000のレビューをしていきたいと思います!

GSX-S1000の特徴・スペック

まずGSX-S1000の特徴は、

最高出力148㎰を発揮するGSX-R1000譲りのエンジンでしょう。

また、GSX-R1000とは異なり、アップライトな視点や起き上がった姿勢など、

長時間乗っても疲れにくいストリートモデルらしい作りになっています。

 

GSX-S1000のエンジンは、排気や吸気にもこだわりを見せ、

エンジンをかけた瞬間からエンジンが唸りをあげ、

本当に車検に通るの?というほど迫力のある排気音を響かせてくれます。

 

けれど決してうるさいわけではなく、迫力はあるが音質は非常に上品で、

のんびり走ってもなんとも心地よい音をライダーに届けてくれ、

街中などを走るのがとても楽しくなります。

 

また最大出力148psは伊達じゃなく、

回せば回すほどグングンとパワーを発揮し、

リッターネイキッドらしい力強い走りを見せてくれるので、

 

ワインディングに持ち込めば、ハイパワーエンジンと

車体の軽さ、ハンドリングの軽快さを活かし、

かなり攻めた走りもできるのではないかと感じました。

パワーと扱いやすさを備えた乗り味

けれどGSX-S1000のすごいところは、

こんなにもパワーがあるのに、パワーを感じさせないほど扱いやすいという点です。

 

リッタークラスのバイクの多くは、街中では回しきれなかったりして

サーキットに持ち込みたくなるような特徴がよくありますが、

GSX-S1000にはそれがありません。

 

上質な排気音と、車体の軽さや扱いやすさのおかげで、

街中をのんびり流すのが非常に心地いいんです。

 

街中を乗っているときはとてもリッターバイクには感じない軽快さがあり、

まさにストリートバイクとしてとても優秀なバイクです。

 

けれど決して遅いとかそういうわけではなく、

アクセルをグイッと開ければ怒涛の加速を見せてくれますし、

ライダーが思った通りの加速をしてくれるようなバイクです。

 

なので、街中を抜けてワインディングにでれば、

GSX-S1000の走りは一気に性格を変え、刺激的な走りをすることもできるんです。

 

このようにGSX-S1000は、パワーと扱いやすさを備え、

どんなシチュエーションでも対応できる懐の深さのあるバイクだと感じました。

 

エントリーユーザーから、ベテランまで多くの方が楽しめるバイクになっていますので、

もしあなたが気になっているのなら、是非チェックしていただければと思います。

 

それでは今回はこの辺で。

ABOUT ME
てんけん
てんけん
てんけんです。 バイクが好きでツーリングに出かけます。