バイク

CB125R(新型)試乗インプレまとめ!スペックや質感は高い?

この度ホンダからついに発売された「新型CB125R」ですが

CB125Rの新型は今流行りのネオクラシックであったり、

街乗りでかなり扱いやすい小型排気量ということもあるので

販売を待ち遠しにしていたかたも多いのでないかと思います!

ただ、新型のCB125Rが気になってはいるけれど

実際の乗り味だったり、スペックや質感が気になっている方も多いとのこと。

 

なので今回は新型CB125Rのスペックや質感についてはもちろん

試乗インプレッションについてもまとめてみました!

CB125R(新型)のスペックは?質感は高い?

まずCB125Rのスペックについてですが、

エンジンは扱いやすいと言われているCBR125Rのエンジンを元にしており、

最高出力は13.3PSで車重は126kg、燃料タンクは10Lです。

 

13.3PSと聞くと出力が抑えめに感じますが、

同社の人気小型バイク「グロム」の最高出力が9.8PSであり

グロムのライバルであるカワサキの「Z125 PRO」も9.7PS

ライバル車ともエンジン出力の差は大きくなっています!

 

また、車体がCB250Rとほぼ同じ車体になっているので、

125ccにしてはかなり大柄なものになっています。

 

関連記事

CB250R(新型)のスペックは?CB125Rとの比較インプレまとめこの度ホンダから発売された新型「CB250R」ですが、 現在流行りのネオクラシックスタイルの中排気量ということで 発売を待ち...

 

ただ、実際に見ると125ccにしては大きいけれど

250ccにしては少し細身に見えるイメージですね!

また、シート高が815mmとなっているので、

人によっては足つきが若干きつくなってしまいそう。

(ただ車重はかなり軽いので実際に問題はないと思います。)

 

次に質感についてですが、これはかなり高いと言えると思います!

 

パッと眺めただけでも伝わってくる各パーツの質感や、

迫力のある足回りに、無駄を削ぎ落としたスタイリッシュな外観など

125ccクラスには見えないほど豪華な外観をしているんですね。

 

正直な感想を言うと、この外観を見ただけでめちゃめちゃ欲しくなりました……。笑

 

125ccというと二台持ちのイメージがありますが、

CB125Rは一台だけでも所有感があり、愛着がかなり湧きそうですね。

CB125R(新型)の試乗インプレッション

では、続いて新型CB125Rの試乗インプレですが、

現在発売されたばかりで私もまだ試乗はできていない状況です。

 

なので正確な乗り味というのはまだわかっていないのですが、

今回はスペックやCBR125Rのエンジンを元に乗り味を想像してみます!笑

(実際に試乗ができたら記事を随時更新していきます!)

 

まずCBR125Rのエンジンは中低速が非常に扱いやすいエンジンなので

CB125Rもトルクがあり、街中をのんびり走るのが楽しそうに感じます!

 

けれど決して遅いとか、のんびり走るのが向いているだけでなく、

シートの高さや、しっかりとした足回りのおかげでスポーティな走りも楽しめそうですね。

また、車重も軽いので取り回しも苦労しないですし、

125ccなので駐輪場も困らないのはかなりいいですよね!

 

なのでCB125Rは街中でスポーティな走りをしながらも、気軽に寄り道もできたり、

車体も質感もかなり高いので、所有感も得られるかなり万能なバイクだと感じました!

(ファミリーバイク特約も使えますしね。笑)

 

ということで今回は、新型CB125Rについてまとめてみましたが、

ぜひあなたも実際にこの質感を写真だけでなくお店で見て、体感をしてみてくださいね!

きっとあなたもCB125Rが欲しくなるはず……笑

 

あなたにオススメの記事

ノンアルコールライダーの身長や年齢は?職業は何?素顔や年収も予想最近youtubeで流行っているバイクの車載動画「モトブログ」ですが、 その中でもノンアルコールライダーさんは人気を集めたくさんの...
ABOUT ME
てんけん
てんけん
てんけんです。 バイクが好きでツーリングに出かけます。