はねバドアニメ化先行情報まとめ!原作で変わりすぎな絵柄(作画)はどうなる?

この度、熱血バドミントン漫画の『はねバド!』のアニメ化が決定しました!

『はねバド』は『good!アフタヌーン』で2013年から連載されている人気漫画であり、

アニメ化を期待していた方も多いのではないかと思います!

また『はねバド』は初期の頃と最近では絵柄が全然変わっており

アニメではどっちの絵柄で表現されていくのかとも話題になっています。

なので今回は、『はねバド』アニメ化の先行情報はもちろん。

原作で変わりすぎと言われる絵柄(作画)がどうなるのかについてまとめてみました!

『はねバド』アニメ化先行情報!

まず『はねバド』の放送予定日ですが

2018年夏ということで、7月頃から始まると予想されます!

M主人公の羽咲綾乃役は大和田仁美さん

荒垣なぎさ役は島袋美由紀利さんに決定しました。

二人はオーデションで役が決定したらしいのですが、

島袋美由利さんは荒垣なぎさ役が初めて決まった役らしく、

対照的な二人のキャラクターをどのように演じていくのか楽しみですね!

追加情報は随時更新して行きます!

はねバド原作で変わりすぎな絵柄(作画)はどうなる?

このように放映が楽しみな『はねバド』ですが、

はじめにいったように、原作では絵柄(作画)がかなりの変化があります。

実際に見ていただければわかるのですが、

このように初めこそ可愛い系スポーツ漫画かと思いきや、

進んでいくにつれどんどん熱血感溢れる絵柄(作画)へとなっていきます。笑

表紙だけでなく内容もかなり熱血感溢れるものなんですが、

原作ファンは、この変化もこの漫画の良いところだとのコメントも!

ただ、アニメ化を喜ぶ声と同時に

「アニメ化したらこの絵柄(作画)の変化はどうするの!?』

「どっちの絵柄(作画)でやるんだろう。」

といった声が多くあがっていたんですね。

ということで早速PV動画を見てみると、

キャラクターの外観自体は初期の絵柄に見えますね。

けれど、シャトルの打ち合いをしているシーンでは、

アニメーションならではのスピード感や迫力がすごく、

全く可愛い系スポーツアニメには見えませんでした。笑

PV動画はこちら↓

なので、アニメ化した『はねバド』は初期の絵柄を取り入れつつも、

バドミントンのシーンでは、熱血感溢れる激しい絵柄であることが予想されます!

このようにアニメーションだからこそ表現できる、漫画にはない新しい絵柄(作画)が

アニメ化した『はねバド』では見れそうな気がしますね!

原作ファンにも、初めてみる人でも間違いなく熱い気持ちになれる。

そんな予感を現時点での情報から感じさせてくれました!

まだまだ新しい情報は出てくると思うので、

情報をキャッチ次第記事を更新して行きます!

それでは、夏を楽しみに次なる情報をお待ちください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにオススメの記事